プロテオグリカンサプリメントは膝関節の痛みに【効果なし?】

puroteo

プロテオグリカンサプリメントは

プロテオグリカンは、ヒアルロン酸やコラーゲンと同じように膝などの関節軟骨を構成している成分の一つです。

 

この成分を摂ることによって、膝などのすり減った関節軟骨が修復されることが期待されてサプリメントを摂ってみようかな?と思う人もきっといると思います。

 

ただ、そんなプロテオグリカンサプリメントを摂る場合にははいくつか注意しなければいけない点があります。

 

ここではプロテオグリカンのサプリメントの注意点について解説していきます。

 

プロテオグリカンサプリメントに効果なし?

プロテオグリカンサプリメントを摂るときに注意しなければいけない点の一つに、その吸収率がとても大事になってきます。

 

 

プロテオグリカンの種類には非変性プロテオグリカンと呼ばれるものがありますが、サプリメントで摂る場合は、この非変性であるものを選ぶようにするのが、体内での吸収率のことを考えると重要な選択になります。

 

 

というのも、非変性でないプロテオグリカンもサプリメント摂った場合は一応は体内に吸収はされるものの、その効率は悪く、おそらく膝関節痛を緩和するほどの効果は期待できないでしょう。

 

せっかくプロテオグリカンのサプリメントを購入しても、ほとんど吸収されずに効果なし、となってしまっては意味がないですからね。

 

 

そして、もう一つ膝の痛みを緩和するという意味において大切な事があります。

 

 

それは他の関節軟骨の成分が含まれているかどうかです。

 

プロテオグリカンサプリメントが膝関節痛の緩和に効果がない時

プロテオグリカンのサプリメントをとるならば、吸収率のことを考えても非変性タイプのものを選ぶべきですが、膝関節痛のことを考えた場合はもう一つ大事なことがあります。

 

 

それはサプリメントにプロテオグリカンだけではなく、ヒアルロン酸やコラーゲンなどの成分が配合されていること。

 

 

関節軟骨の構成しているのは水分以外では、コラーゲン、プロテオグリカン、ヒアルロン酸などの成分もありますが、これらの成分が一通りサプリメントに配合されているものを選ぶと、より効果的といます。

 

 

関節軟骨のすり減りによって、膝などの関節は痛みを生じることになりますが、その時、軟骨のすり減りがプロテオグリカンの部分だけ、という事はほとんどないからです。

 

 

特に、コラーゲンが一緒に配合されているものを選ぶと効果的でしょう。

 

 

コラーゲンは関節軟骨においては、関節軟骨においてはプロテオグリカンやヒアルロン酸などを繋ぎとめる土台となる部分であり、関節軟骨をより健全な状態にするためにはとても大切な成分だからです。

 

 

もちろん、このコラーゲンにおいても非変性である事が望ましいので、プロテオグリカのサプリメントを選ぶのであれば、プロテオグリカンにしてもコラーゲンにしても非変性のものを選ぶようにしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ