膝軟骨がすり減り、痛みがでてきたらサプリメントで栄養補給!

nankotu

膝軟骨のすり減りには

膝の軟骨は、年齢とともにすり減るものです。

 

膝の軟骨がすり減れば、膝の関節に痛みがでてきてしまい、階段の上り下りや、長時間の歩行、正座をしているときでさえもその痛みに我慢ができなくなってしまう事もあります。

 

一部のお医者さんは、こうした膝の軟骨のすり減りは仕方のないことであり、修復することができないので、手術やヒアルロン酸注射を勧めてきますが、本当に膝の軟骨は修復することができないのでしょうか?

 

ここではそんなすり減った膝の軟骨の修復について解説していきたいと思います。

 

膝の軟骨のすり減りにはグルコサミンサプリメントは有効か?

膝の軟骨がすり減り、関節に痛みがでてきたときにはグルコサミンのサプリメントで対処することは有効か?と疑問を持たれる人もいるようですが、ここは実は専門家の意見が分かれるところでもあります。

 

 

そして否定的な意見としては、体内に関節軟骨を取り入れたとしても、栄養成分として吸収される時には他の栄養素として分解されているから意味がない、という考えです。

 

 

ですが、実際のところは、グルコサミンやコンドロイチンのサプリメントを摂取した人たちの多くが、膝の関節痛が和らいだという経験をしていることを考えれば、効果があるといってもいいのではないでしょうか?

 

 

さらにいえば、関節痛の専門書のなかでは、グルコサミンやコンドロイチンのサプリメントを摂取したことによって関節軟骨が修復しているレントゲン画像もあります。

 

 

また、アメリカでは既にグルコサミンやコンドロイチンのサプリメントをお医者さんが積極的に使うようになっていて、日本のお医者さんのなかにもだんだんとサプリメントを治療の一環として取り入れている人がたくさんでてきているんですよ。

参考

特効薬がないとされてきた変形性関節症ですが、有効な食品機能性成分「グルコサミン」と「コンドロイチン」がアメリカで話題になり、日本でも軟骨の生成を促す素材として確認され、臨床の現場でも使われ始めました。
http://www.sasazuka-cl.com/supply%20guru%20con.html

 

膝の軟骨すり減り対策としての正解は・・・

膝の軟骨がすり減り、さらに痛みがでてきたときの正しい治療方法としては、痛みが我慢できない時には、まずは整形外科などで痛み止めの薬や注射をしてもらい、短期的な対策を施す。

 

 

そして、長期的にはグルコサミンやコンドロイチンのサプリメントで関節軟骨の修復を図る、というのが対策としては正解いえます。

 

 

また、それほど痛みがなく、まだ我慢すれば歩ける状態であれば、できるだけ早くグルコサミンなどのサプリメントで対策するのがおすすめです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ