コンドロイチンは軟骨再生に効果があるか?関節痛を緩和するために!

kondoroitinn

コンドロイチンは軟骨を

コンドロイチンを摂取することで、すり減った関節の軟骨を再生することはできるのか?

 

 

関節痛に悩む人であれば、コンドロイチンのこうした軟骨の再生作用が気になると思います。

 

 

さて、関節軟骨は主に水分、コラーゲン、プロテオグリカンの3つ成分で構成されていますが、このうちのプロテオグリカンを作り出すために必要な成分がコンドロイチンです。

 

 

関節軟骨を構成しているプロテオグリカンを作るためにコンドロイチンを摂取するのは、軟骨の再生につながりそうな気がしますが、結論からいって、コンドロイチンだけで軟骨の再生をするのは難しいといえます。

 

コンドロイチンだけで軟骨の再生は無理?

コンドロイチンは確かに軟骨の再生をするためには有効な成分であると考えられます。

 

 

ですが、軟骨を構成している成分はコンドロイチンだけではありません。

 

 

他に、コラーゲンやプロテオグリカンに含まれるヒアルロン酸などがあります。

 

 

つまり、コンドロイチンだけでは軟骨の再生をさせたいと思った時に、足りないものが他にでてくるんですね。

 

コンドロイチン以外に必要な軟骨を再生させるための栄養成分

コンドロイチン以外に軟骨を再生させるために必要な主な栄養成分としては

 

 

ⅱ型コラーゲン(軟骨成分そのもの)

グルコサミン(軟骨成分の原料となる成分)

ヒアルロン酸(軟骨成分そのもの)

コンドロイチン(軟骨成分の原料となる成分)

 

 

等があります。

 

 

これらどれかを一つだけとって、すり減った軟骨が再生へと向かう場合もあるかも知れないですが、症状が進行している程、一つだけで再生させることは難しいといえます。

 

 

もし、関節の軟骨を再生させたいと思った場合は、できるだけ上記の軟骨成分を多く摂るのが基本だといえますね。

 

コンドロイチンと軟骨を再生させる細胞

軟骨を再生させるためには、コンドロイチンだけでは弱い、というのは関節軟骨を構成している成分を考えればわかってもらえると思いますが、より効果的に軟骨を再生させるためには、関節軟骨を作り出す細胞そのものを増やすのが最も根本的な対策になります。

 

 

関節軟骨を作り出す細胞として、軟骨細胞と呼ばれるものがあります。

 

 

この軟骨細胞は、体内の栄養成分を活用して、関節軟骨の構成しているⅱ型コラーゲンやヒアルロン酸、プロテオグリカンなどを作りだす細胞のことです。

 

 

この細胞は年齢とともに、だんだんと減少していきますが、これを増やすことができれば、作り出される関節軟骨の成分も増えるので、より再生しやすい状態になります。

 

 

軟骨細胞を増殖させる成分としてiHAという成分があり、それを配合したサプリメントがあるので一度チェックしてみるのもいいでしょうね。

iHA配合サプリメント情報はこちら>>>

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ