植物性グルコサミの効果や副作用!コンドロイチン含有の通販比較

nurugurukosaminn

植物性のグルコサミンは

グルコサミンには植物性と動物性がありますよね。

 

 

植物から抽出されたグルコサミンと動物から抽出されたグルコサミンにはどんな効果の違い、それに副作用があるかないか、についてここでは解説していきます。

 

植物性グルコサミンの効果

植物性のグルコサミのほとんどは、トウモロコシを原料として作られていますが、このトウモロコシから抽出されたグルコサミンと一般的なカニやエビなどから抽出されたグルコサミンの効果については違いはありません。

 

 

ただし、植物性は吸収率が低くて、動物性は吸収率が高いといわれています。

 

 

動物性のグルコサミンの方が体内に存在する成分と構造が近いからではないかと言われています。

 

 

ですが、この吸収率の違いについては、実際にサプリメントなどで摂取したときに、実感に違いがでる程の効果があるかというと、それほど気にする違いではないと考えてもいいでしょうね。

 

植物性グルコサミンに副作用はあるか?

植物性のグルコサミンについて副作用があるか?と不安に感じている人もいるかも知れないですが、これは副作用についてはないといえます。

 

 

植物性のグルコサミンはとうもろこしから抽出されることがほとんどですが、とうもろこしは自然食品であり、副作用については心配する必要性はありませんよ。

 

植物性グルコサミンにアレルギー症状はあるか?

植物性のグルコサミンの原料にアレルギー物質がある場合は、動物性のグルコサミンと同じく、アレルギー症状がでる場合があります。

 

 

特に、とうもろこしから作られる事がほとんどの植物性グルコサミンを検討する人のなかで、過去にとうもろこしでアレルギー症状がでた事がある人はやめた方がいいですよ。

 

 
グルコサミンを抽出する際に、とうもろこしに含まれるグルコサミン以外の成分も微量であっても含まれている事がほとんどだからです。

 

植物性グルコサミンなら健康家族かやわた!比較通販情報!

植物性のグルコサミンのサプリメントを探しているのであれば、健康家族の「グルコサミンリッチ」かやわたの「植物性グルコサミン」かのどちらかがいいでしょうね。

 

 

健康家族の「グルコサミンリッチ」の主な成分配合量
公式サイトより引用

[主成分配合量] (7粒あたり)
グルコサミン:1,200mg MSM:300mg
サケ軟骨抽出物(コンドロイチン含有):200mg

 

メチルサルフォニルメタンというのは、天然のイオウ化合物で、炎症や痛みを抑制する成分です。
関節痛は軟骨がすり減り、すり減ることによって、関節内に炎症が起きて、痛みが生じているので、それを抑制するために配合されています。

 

やわたの「植物性グルコサミン」の主な成分配合量
公式サイトより引用

主要成分(1粒当たり)
グルコサミン粉末:230mg
コンドロイチン硫酸:20mg
オリーブ葉抽出エキス粉末オラリス:30mg
コラーゲン:7.1mg
ヒアルロン酸粉末:1mg

 

オリーブ葉抽出エキス粉末オラリスとは、関節軟骨の素材を体内で作りだすのをサポートする成分です。

 

 

このオラリスはグルコサミンと相性が良いという事で、グルコサミンサプリメントに配合されている事が良くあります。

 

 

健康家族の「グルコサミンリッチ」は1日に7粒摂る用法用量で、やわたの「植物性グルコサミン」は1日3粒摂る用法用量になっています。

 


健康家族とやわたを成分比較した際に、この2つのサプリメントのなかで最も重要なグルコサミンとコンドロイチンがより多くとれるのは、用法用量ベースで比較した際に健康家族のグルコサミンリッチなのです。

 

 

もしこの2つのどちらかにした場合は、健康家族のグルコサミンリッチの方がより高い効果を期待する事ができるといえます。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ