塗るグルコサミンに【効果なし?】関節痛に効くといわれる理由は

nurugurukosaminn

塗るグルコサミンの効果は

膝などの関節痛に悩む人のなかには、塗るグルコサミンを使って、症状の緩和ができないものか?と考える人も多くいます。

 

中には効果を感じた人もいるし、全く効果がなかったという人もいます。

 
塗るグルコサミンの効果は実際のところはどうなのでしょうか?

 

ここでは塗るグルコサミンの効果について解説したいと思います。

 

塗るグルコサミンは肌から関節には浸透しないので効果なし

まず一つ言えることは、塗るグルコサミンが肌に浸透して、痛みが生じる原因である関節軟骨のすり減りを修復することはありません。

 

グルコサミンの分子を肌に浸透させるのは極めて困難、もしくは不可能であり、仮に可能であったとしても関節軟骨のすり減りを修復するには、その濃度があまりにも低すぎます。

 

つまり、塗るグルコサミンによって関節軟骨の修復は理論的にも根拠がなく、また効果があったという研究結果もありません。

 

では、なぜ塗るグルコサミンで関節痛が緩和したという人がいるのでしょうか?

 

塗るグルコサミンで関節痛が緩和する効果の正体

膝などの関節痛が生じるメカニズムとしては、関節軟骨がすり減ることに関節内ですり減った関節軟骨の破片が滑膜を刺激し、炎症が生じることによって痛みを感じます。

 

 

さらに炎症が起こると、関節内部で大量の関節液が分泌され、この関節液には炎症を悪化させるサイトカインという物質が含まれていて、さらに炎症を悪化させてしまいます。

 

つまり、炎症こそが関節痛の正体といえるんですね。

 

さて、炎症を鎮めるために必要な措置として温熱療法というものがあるのを知っていますでしょうか?

 

 

温熱療法とは、患部を温めて、血流を改善することによって、細胞の新陳代謝を促し、痛み物質の排出を促進したり、筋肉や靭帯の緊張をほぐす効果がある治療法です。

 

簡単にいえば、温めることによって痛みの緩和をする、というものです。

 

 

ここで塗るグルコサミンの配合成分を調べてみると、グルコサミンやコンドロイチンが配合されている一方で、必ずショウガエキスなどの温感成分が配合されていると思います。

 

 

つまり、膝などの患部を温めて、炎症を鎮めることによって痛みが緩和する、ということになります。

 

 

ポイントはグルコサミンやそれにコンドロイチン、ヒアルロン酸が効果を発揮しているのではなくて、痛みを鎮めているのはあくまでも温感成分である、という事。

 

 

塗るグルコサミンと称しているけれど、実際のところは温めることによって関節痛の緩和を使用とするものが塗るグルコサミンの正体なんですね。

 

塗るグルコサミンの効果についてのまとめ

塗るグルコサミンは、温めて痛みを緩和する、というものですが、根本的な問題である関節軟骨のすり減りの対策となるものではありません。

 

 

ですので、一時しのぎとして効果的な対策といえそうですが、ずっと使い続けるようなものではないといえますね。

 

 

逆に、すり減り続ける関節軟骨をずっと放置して、塗るグルコサミンだけに頼っていると、症状は悪化してく一方です。

 

 

一時しのぎとはありですが、長期的な対策としてはあまり高い期待は効果しない方がいいいですね。

スポンサードリンク

4 Responses to “塗るグルコサミンに【効果なし?】関節痛に効くといわれる理由は”

  1. 関 保 より:

    塗るグルコサミンの効果について疑問をもってアクセスしました。説明が科学的、合理的であり、納得できました。
    最近は現象面だけを表示して効果原因がいかにも当該薬品、方法にあるかのような宣伝が、薬品・サプリばかりか、語学、健康スポーツなどあらゆる分野に氾濫しています。
    科学的根拠で説明するのは極めて簡潔であるはずですので、すっきりしました。

    • hizasapuri より:

      コメントありがとうございます。

      そうですね。現象面とその因果関係がずれているような宣伝のやり方はあまりよろしくないと個人的にも思いますね。

  2. まりあ より:

    67歳になります
    ウォーキングを始めてから3年目になります
    現時点では膝の痛みはまったくありませんが塗るグルコサミンという商品には関心を持っておりました

    やはりそうだよなぁ~~と深くうなづけるご説明でした
    先になって痛みが起こったら温熱療法、ぜひ参考にしたいと思います
    ありがとうございました!!

    • hizasapuri より:

      コメントありがとうございます。

      痛みの緩和自体に温熱療法を利用するのは良いですよね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ