グルコサミン、コンドロイチン、コラーゲン、ヒアルロン酸の違いは?

hizaitaiozisann

グルコサミンやコンドロイチン、コラーゲン、ヒアルロン酸の違いを解説!

グルコサミンやコラーゲン、それにヒアルロン酸は関節痛の緩和のための成分としてよく知られていますが、これらの成分は関節痛の緩和に役立つ成分として何が違うのでしょうか?

 

ここではこれらの成分の関節痛と関節軟骨に対しての効果に着目して一つずつ違いについて解説していきます。

 

グルコサミン、コンドロイチン、コラーゲン、ヒアルロン酸のそれぞれの効果の違い

グルコサミンの効果

①関節軟骨の構成成分の一つであり、ヒアルロン酸やコンドロイチンの原材料となる成分
②軟骨のすり減り、分解、炎症の抑制
③軟骨の再生・修復の促進
④関節部分にある細胞の新陳代謝促進

 

グルコサミンは関節痛対策のサプリメントとして、最もよく使われている成分ですが、それは上の4つの効果からも分かるように、それだけ関節痛に対して有効な成分だからこそです。

 

 

特に、年齢とともに軟骨がすり減り、そのすり減りが原因で炎症・痛みが生じてくる関節痛には必須の成分と言えるでしょう。

 

 

また、これだけ関節痛に対して、幅広く効果が期待できる成分は、グルコサミンの特徴です。

 

 

コンドロイチンの効果

①軟骨の保水性の向上
②軟骨に弾力性の向上

 

 

軟骨に保水性と弾力性をもたらすのがコンドロイチンの役割です。軟骨に保水性と弾力性がなければ、すり減りが進みやすくなり、それだけ関節痛が生じやすく、また悪化しやすい状態になってしまいます。

 

 

この状態を避けるためにも、コンドロイチンは関節痛対策に有効な成分です。

 

 

関節軟骨の保水力はヒアルロン酸だけと思われがちですが、コンドロイチンもその役割の一つを担っているんですね。

 

 

グルコサミンとコンドロイチンを一緒にとることで関節痛対策においては相乗効果が期待できるとされています。

 

 

コラーゲンの効果

①関節軟骨の弾力性の向上

コラーゲンがある事で関節軟骨は弾力性を持つことができています。コンドロイチンもまた弾力性あるといいましたが、コラーゲンのそれは、コンドロイチンとは少し違うと考えた方がいいでしょう。

 

 

コラーゲンの弾力性は成分そのもの特徴としてであり、コンドロイチンは保水力があることによってもたらされる弾力性、というイメージです。

 

 

ヒアルロン酸の効果

①軟骨の保水生を向上させ、潤滑油として関節の滑らかな動きをサポート

ヒアルロン酸の潤滑油としてのサポートがなければ、軟骨は滑らかな動きをすることができず、関節軟骨はすり減りやすい状態になります。

 

 

関節軟骨がすり減りやすい状態は関節痛が生じやすい状態でもあるために、ヒアルロン酸は関節痛対策として大切な成分になります。

 

 

グルコサミン、コラーゲン、コンドロイチン、ヒアルロン酸はそれぞれが関節痛や関節軟骨に対して効果がありますが、一部は違う効果もあれば、同じような効果もありましたね。

 

グルコサミン、コラーゲン、コンドロイチン、ヒアルロン酸の違いとサプリメント

グルコサミンやコラーゲン、コンドロイチン、ヒアルロン酸はどれも関節痛対策には大切な成分ですが、サプリメントでこれらの成分の摂取を考えている場合は、いったいどれを重点的に摂取したらいいのか?と迷ってしまう事もあるのではないでしょうか?

 

 

そんな時には成分そのものも確かに大事ですが、関節痛対策という目的のために必要な効果に着目すると、サプリメントも選びやすくなります。

 

 

関節痛は、関節軟骨がすり減ることによって、関節内で炎症が起き、その炎症によって痛みが生じる、というのが関節痛のメカニズムです。

 

 

となれば、関節軟骨のすり減りを抑制、すり減った軟骨の再生・修復というのが根本的に求める効果になりますね。

 

 

さらに、今現在の痛みを和らげるためにも、炎症を抑制してくれる効果もまた大切になります。

 

 

関節痛対策としてこの2つのポイント(関節軟骨のすり減り抑制、再生・修復と炎症抑制による痛みの緩和)が重要になってきます。

 

 

この2つのポイントを押さえたうえで、サプリメント選びをすれば、関節痛対策に効果的なサプリメントを選びやすくなりますよ。

 

 

(グルコサミンが一般的に使用されているのは、関節痛対策としてこの2つのポイントを押さえた成分だからなんですね。逆に、この2つのポイントを別の成分で補えるのであれば、もちろんその成分でサプリメントを選ぶ価値は十分にあります。)

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ